スポンサーリンク

オタルト活動用古家リフォーム(用途計画2)【2016年6月】

4 家族の避難場所とするため。これについては、次のような理由になります。

現在、よくニュースやネット等で、今後起こるであろう大地震やそれに伴う津波などの危険性が取り上げられています。ちなみに、自分が今住んでいる岡山市という場所は、市街地の主な場所は数百年前までは遠浅の海の底でした。江戸時代から人為的に川の流れを変えたり干拓したりして、今の岡山平野が出来たと言われています。それだけ、海抜が低いわけですね。

実は今自分が住んでいるところも、海抜1.5mくらいの土地だったりします。最近、 南海トラフ地震が何かと話題になっています。その地震により引き起こされるであろう津波では、瀬戸内海まではあまり大きな津波は来ないとも言われていますが、それでも、岡山市のハザードマップを見ると、結構な割合で岡山市も水に浸かることが予想されています。緊急時に避難できる箇所として用意しておくこともこのボレアイン館の使用目的の一つに含めておきましょう。

ちなみに参考までに岡山市の防災情報は下記のページになります。地震や津波発生時の被害予測を示したハザードマップが見れます。読者の方も、各自の自治体のサイトで事前に情報を確認して置かれることをおすすめします。

岡山市防災情報

下はボレアイン館のある山のふもとにある海抜を示す張り紙を撮った写真です。24mあれば、たいがいの津波にも耐えられるかな?

5 自分はライフワークとして神秘行というものを行っています。この神秘行。世界にはいろいろな体系がある訳ですが、自分の場合、西洋の秘教体系、特に黄金の夜明け団(GD団)の魔術システムをベースに、霊術、仙道、ユング心理学、ヨガ、密教、神道などを取り入れた研究学習を行っています。そして、それに絡んだ将来の夢として、この神秘行の類似した分野の研究を行う人達のネットワークを作って、みんなで集まって、それぞれの研究の発表会を行ったり、学習会を開いたり、集団儀式をしたり、飲食会を開いたり、呑み会とか飲み会とか、どんちゃん騒ぎとかしたいwと思っている訳です。そこで、このボレアイン館をその拠点として使おうというのも、使用する目的の一つとしたいですね。

というわけで、ボレアイン館をこれから使っていく目的は、以上のようなものにしておきましょう。

タイトルとURLをコピーしました