AMATEA学習支援システムMFAM解説

AMATEAで使用する学習支援システムMoodle、MFAMとは

Moodleとは、1999年から開発開始、インターネットで配布され、現在では世界各国の教育機関で使用されている、オープンソースの学習支援システムである。

当教育コースでも、このMoodleをカスタマイズしてサイトにシステム構築し学徒に提供。名前を「Moodle for Anima Mystica」略してMFAMと呼ぶことにする。このMFAMを学徒の学習に役立ててもらおうと考えている。

MFAMの初回ログイン

AMATEAの仮入会が正式に決定すると、その学徒には教育担当からMFAM用のIDと初期PWが配布される。学徒は、指示されたURLにブラウザでアクセスしてみること。正しくアクセスされると、MFAMの初期画面が表示される。最初は画面右上のログインをクリックして、教育担当から送付されたIDとPWでログインできるかを確認すること。もし、どうしてもログインできない場合は、教育担当までメールで確認してほしい。

マイコース画面と学習実施

ログインに成功したら、マイコース画面が表示され、現在、履修中の教育コースのSTEPが表示される。学徒は、そのSTEPをクリックして、そこにかかれてある指示にしたがって学習を実施することになる。

MoodleのDM(メッセンジャー)

Moodleには、TwitterのDMのようなメッセンジャー機能がある。将来的には、AMATEAのグループ研究などで会員同士の相互のやり取りなどもできるようにする予定だが、現段階では教育担当とのやりとりに使用する形になる。DMを使用するには、画面右上の吹き出しをクリックし、そこに出てきたユーザをクリック。あとはDMと同様な方法で使用してほしい。


上位ページへ戻る