スポンサーリンク

生命の樹について1、四大元素と「霊」の元素について、五芒星について1、六芒星について1< IMN魔術基礎知識04>

生命の樹について1、四大元素と「霊」の元素について、五芒星について1、六芒星について1<IMN魔術基礎知識04>

生命の樹について1

生命の樹、オッツ・キィムとも呼ばれる、下にある図は本来、ユダヤ教カバラの中核をなす神秘図形であった。しかし、この図はルネサンス以降、非ユダヤ教徒のルネサンスの知識人達の間で、その有用性を認められることとなる。そして、ユダヤ教の教えや信仰とは、ほぼ関係ない形で、西洋神秘伝統の様々な教義やシンボル、技法などがこの図に組み込まれ、現在の西洋神秘伝統の多くの教義の中心的図形になった。

生命の樹はセフィラと呼ばれる10の球体とその間を繋ぐ22のパス(小径)と呼ばれるものから構成される。この辺は下の図を見て理解してほしい。セフィラの複数形はセフィロトと呼ぶ。セフィラは1番上の球がケテル(意味は王冠)、右下に降りてコクマー(智恵)、左へ行ってビナー(理解)、以後ジグザグにケセド(慈悲)、ゲブラー(峻厳)、ティファレト(美)、ネツァク(勝利)、ホド(栄光)、イェソド(基盤)、マルクト(王国)と呼ばれる。

パスはそれぞれが22のヘブライ文字と対応する事となっている。また、10のセフィラと22の小径をひっくるめて32の小径と呼ぶこともある。このセフィラやパスは、その性質から、世界の様々な物事を表すシンボル、分類するための表にもなりうる。

以上、生命の樹は学習していくと、とても奥が深いものだが、IMNの学徒はこの段階では、上記の事と、生命の樹がどんな図形であるかを覚えておくだけでよい。

>>「生命の樹」について更に詳しく知りたい場合は、「生命の樹の概要」も確認されたし。

四大元素と「霊」の元素について

先にこの世界は、四大の霊的要素で構成されていると書いたが、その四大の霊的要素自体を構成する、根本的なもう一つの霊的要素というものがある。それを西洋の伝統では、「霊」あるいは「精霊」、「空」の霊的元素と呼ぶ。この要素は地風水火全てに行き渡り、それらを活かし、制御する意識の要素である。四大元素とこの元素を統合して五大元素という事もあるので、学徒は記憶しておく事。この5つの要素を図形に統合したのが、次に説明する五芒星である。

五芒星について1

五芒星(Pentagram)。一般的にはあまり聴きなれない言葉かも知れないが、頂点が5つある、いわゆる☆=星型を示す。この五芒星は西洋の神秘伝統においては、地に存在せし元素の諸力を制御する鍵として用いる事が多い。五芒星は精霊の頂点を上方向に正しく描いた場合は、物質的力に対する霊(精神)的力の優位性を、下向きに逆向きに描いた場合は霊(精神)的力に対する物質的力の優位性を指し示す。端的にいえば、白魔術と黒魔術の関係だ。

五芒星の頂点は上部が霊と対応し、以下、時計回りに各頂点が水、火、地、風の四大と対応する。これらの地風水火の各頂点への割り当ては獣帯から来る。五芒星を霊的力の召喚に用いる場合は、各対応する頂点へ向けて描き始める。力の退去に用いる場合は、各対応する頂点から描き始める。次に説明する六芒星が天空=「大宇宙」を意味するのにたいして、五芒星は人間=「小宇宙」を意味する。

六芒星について1

六芒星(Hexagram)とは、下にあるように上向きの三角形と下向きの三角形を組み合わせた図形である。「ダビデの星」や「ソロモンの紋章」とも言われる、この図形は黄金の夜明け団の魔術では天空=大宇宙の諸力を制御する鍵として用いられた。六芒星は各頂点が霊的惑星と対応し、一番上の頂点から時計回りに、土星、木星、金星、月、水星、火星、そして中央が太陽に対応する。この対応は生命の樹への惑星の配属から来る。下に示す図を参照して欲しい。

六芒星という図形は、それを構成する上向きの三角形が能動的原理、男性的原理、陽、火などを示し、下向きの三角形が受動的原理、女性的原理、陰、水などを示す。そして六芒星自体は、この相反するものの組み合わさった図であり、調和、完全などを意味する。五芒星が逆向きになると意味を変えるのに対して、六芒星は図が逆向きになったからといって否定的な意味を持たない。


記憶事項

1 生命の樹は何の為の図か。
2 生命の樹の各セフィラの名前を言えるか。
3 生命の樹の各セフィラの名前の意味が言えるか。
4 五芒星の意味を言えるか。
5 五芒星の各頂点に対応する五元素を言えるか。
6 六芒星の意味を言えるか。
7 六芒星の各頂点の対応を言えるか。
8 五芒星に対して六芒星は何を意味するかを覚えること。


更なる学習について

生命の樹については、国書刊行会より出版されているダイアン・フォーチュンの「神秘のカバラ」及び、イスラエル・リガルディーの「柘榴の園」を読んでおく事。


次へ
上位ページに戻る
anima mystica
タイトルとURLをコピーしました