スポンサーリンク

Secrets of a Golden Dawn Temple

Secrets of a Golden Dawn Temple


出版社 Llewellyn
定価 $19.95
筆者 Chic Cicero & Sandra Tabatha Cicero
出版年 1992


目次

第1部 外陣テンプル
・1章 ニオファイト位階の道具
・2章 元素位階の道具

第2部 ポータル
・3章 ポータル位階の道具

第3部 内陣テンプル
・4章 R.R.etA.C.
・5章 アデプトの個人テンプル
・6章 非伝統的道具


解説

500ページ強に渡って、伝統的な黄金の夜明け団タイプの道具の作り方を中心に、知識も含めて詳述したもの。術式道具の作り方といえば、ウォン博士の「SECRET TEMPLE」が、まず思い浮かぶがこの本はあの様な要領で、もっと様々な道具の作成について、必要となる材料や道具までより詳しく書かれている。

また、道具に関してだけでは無く、道具の象徴についての知識や、様々な知識、基礎的な儀式について、道具の聖別の儀式までも、事細かに書かれている。

簡単に、この本に書かれている作製法のある道具を拾ってみると、祭壇、東と西の旗、旗をつける柱、ポータルの柱、ハイエロファントの棒、ヘゲモンの棒、ケラックスの棒、キャンセラリウスの棒、外陣のラメン、ラメンのえり(カラー)、マント、単純なローブ、タウ・ローブ、ネミス、黒サッシュ、フィルフォト十字、4大元素の武器、パロケトのヴェイル、ポータルのチーフ・アデプトの棒、薔薇十字、火星の剣、エノキアン・タブレット等など、数多くある。

この本の筆者である夫妻の、夫チック・キケロはニューヨークに生まれ、以前はジャズのミュージシャンや、ビジネスマン等をしていた経歴を持つ。そして、彼はこの本の出版される25年程前から術式の実践も行い、1980年初期からはリガルディーとも交友があった。


△IMN的魔術学習参考洋書一覧へ戻る
上位ページへ戻る
anima mystica
タイトルとURLをコピーしました