AM統合神秘行学習研究活動AMATEA

AM統合神秘行学習研究活動AMATEA

ヘブライ文字について

ヘブライ文字について キリスト教においては長らく、新約聖書がその教義の中心として扱われていた。しかし、その宗教観に限界を感じたルネサンスの知識人達は、キリスト教の枠を越えて神の秘密を探求しようと考える。そして、旧約聖書に神が人...
AM統合神秘行学習研究活動AMATEA

聖書について

聖書について (グーテンベルク聖書。グーテンベルク聖書より) ヘブライズムの教典 先の学習でも少し触れたが、西欧神秘伝統の学習においてはヘブライズム、そして、その教理を記した書物「聖書」が重要になる。聖...
AM統合神秘行学習研究活動AMATEA

生命の樹について2

生命の樹について2 ここでは、生命の樹を構成する各種概念について理解・記憶してもらう。 四界 先にも触れたが、カバラの理論では、この世界は四つの世界によって構成されているとされる。それが、アツィルト(元型)界、ブリ...
AM統合神秘行学習研究活動AMATEA

黄道十二宮について2

黄道十二宮について2 四大と同様に黄道十二宮も、その性質を幾つかの区分で分けることができる。七惑星と同様、当教育コースではこの先の段階において、十二宮の諸力を扱った実践学習を行うことになる。その段階に至るまでに、この内容を...
AM統合神秘行学習研究活動AMATEA

生命の樹について

生命の樹について 上図に描かれている人物が持っている図形は、「生命の樹(ヘブライ語でオッツ・キィム)」と呼ばれる。この図は、現在日本でも漫画やアニメなどの影響で有名になったが、本来はヘブライ人の宗教ユダヤ教のカ...
AM統合神秘行学習研究活動AMATEA

瞑想について2

瞑想について2 当教育コースでは、これから長い期間に渡って瞑想についての実践学習を行っていってもらうことになる。ここでは、瞑想を学習していく際に知っておきたい知識について少し説明しておこう。 瞑想を始める為に まず...
AM統合神秘行学習研究活動AMATEA

カバラの学習内容について

カバラの学習内容について カバラは元々、文字と数値の関係を元に瞑想などの霊的行法を通して、旧約聖書に隠された「主」と世界創世の秘密を解き明かそうとするユダヤ教の霊的実践象徴体系であった。しかし、その文字と数値の関係性を用い...
AM統合神秘行学習研究活動AMATEA

秘教的照応について

秘教的照応について (ベリーヌ候の時祷書より。人体と十二宮の対応=秘教的「照応」が描かれている。) 「照応」。一般的には「互いに関連しあってる事」と定義されるこの概念は西欧秘教、そして統合神秘行の学習ではとて...
AM統合神秘行学習研究活動AMATEA

カバラについて

カバラについて AM統合神秘行の学習においては、西洋の秘教伝統が大きな割合を占めることになる。そして、その西洋の秘教伝統の中でも、ユダヤ教に端を発した「カバラ」という教義、特にその中の「生命の樹」に関する概念を足が...
AM統合神秘行学習研究活動AMATEA

ヨガについて

ヨガについて ヨガとは 「ヨガ」あるいは「ヨーガ」とは、古代インドに生まれた重要な神秘行体系の一つである。このヨガ(yoga)という言葉は本来、「軛(くびき)をかける」を意味する。古代において、牛や馬などは、この軛と...
タイトルとURLをコピーしました