スポンサーリンク

MYSTICAL BBS過去LOG(1998年06月29日〜2000年03月14日)


鍼灸師A

 書き込み日:2月5日(金)23時38分03秒

arephさま

レスどうもありがとうございます。
A1GTはプレミアがついていたんですか?それは知らなかったです。(^。^)

昔はパソコンが欲しくてたまらなくて、やっとの思いでMSX買って(T_T)

だけどあっという間に滅んでしまいました。
MSXマガジンが休刊になって、MSXファンが休刊になって……。
ベーマガは今もMSXのきじ載ってますけど。
FM-77とかX-1とかZ80のマシンは良かった。(T_T)
Z80は今やザウルスのCPUですね。(^_^;)

おっとここはMSXのホームページではなかったっですね。すいません。


鍼灸師A

 書き込み日:2月5日(金)23時58分10秒

魔術が好きな人にパソコンユーザーは多いのかなと最近思います。
昔は、西谷 史氏の某小説でコンピューターと魔術が合わさったりしていましたが、実際の魔術師はあんまり関係ないものだと思っていました。
本の名前は忘れましたが、神々への呼びかけは、電話をかける事に近いみたいな事を呼んだ事があります
コンピュータ%C


鍼灸師A

 書き込み日:2月6日(土)00時03分57秒

あれっ?なんか文章が途中で飛んでますね。

切れている部分は、「コンピューターネットと似ているのかもしれませんね」です。
失礼しました。


aleph

 書き込み日:2月8日(月)00時34分29秒

魔術とパソコン
< そうですね(^^)魔術とパソコンってのは、とっても
  関わりが深いと思います。コンピュータ用語に魔術用語が
  たくさん使われてるってのは有名な話ですし、
  コンピュータの原理である2進数はそのままカバラの生命の樹
  にも通じますし、現在急速に普及しているインターネットも、
  ユングのいう集合無意識にとても似てきています。
  また、私もパソコンをよく修行の補助に使っています。

  そういえば、電話とパソコンといえば、昔ある方に薦められて読んだ小説
  (<決して自分から読もうとした訳じゃないのよ(笑))、
  「ミッドナイト・コール」では、パソコンで死人の音声を合成し、
   それを使って主人公の少年が意中の人と電話でコミュニケート。しかし、
   それが引き金になってしまい、意中の人に死霊が憑依してしまう。
   そこで、混沌の魔術師がその儀式と力をもって憑依した死霊を混沌の闇へと
   引き戻すっていうストーリーが書かれていましたね(^^)
   (しかも、その混沌の儀式は某魔術結社の某氏から、教示して頂いたとか)     


aleph

 書き込み日:2月8日(月)00時37分28秒

あ、下の書き込みの最後の行、ちょっと書き足りないところがあったので追加。

(しかも、その小説に描かれている混沌の儀式は、
 作者が某魔術結社の某氏から、教示して頂いたとか)


 書き込み日:2月10日(水)22時13分19秒

ちょっと宗教に関わる話になるので、どうか「ドライな目で」読んでやってください。あくまで、 私の勝手な気持ち ですから。

「日本人の、キリスト教徒ではない、私」が、
旧約聖書を読むとユダヤの選民意識や「私には、理不尽にしか見えない部分」ばかりが目についてしまい
一方的に「ユダヤ教だけ嫌い」になってしまいそうです。これでは危険です。だからユダヤ及びキリスト教と対立的な(実際は違うだろうが、過去に私はそうだと思っていた)イスラム教の本で選民意識バリバリの本を読んで心のバランスを取りたいとおもいます。どれを読んだらいいでしょうか?コーランってのは違うのかなぁ・・・?(不純な動機です。マジな信者には失礼かな?(^^;;)

個人的な気持ちとして
あんまり”教え”に感化、魅了されるのは嫌なのでちょっとこういうの読むのは恐いです。 だから、新約聖書の方はあんまり読んでないです。あれは魅了、感化、されそうな気がして恐い(^^;)。知識や、ある意味での事実 としてドライな目で読みたいんです。

ワンポイント嘘知識
◆バン・アレン帯◆
『ギブ ミー チョコレート』と唱えると天からチョコが降ってくる。


萌木 薫

 書き込み日:2月10日(水)23時39分52秒

月さんへ>
一神教は、ゆーずーが利かなくて、私は嫌いなの。
でも、うちの近所は、どーゆー訳か、キリスト教系の教会が多くって、迂闊なことは言えない(お年寄りだからと言って、数珠持って高野山参り、とは限らない)
そーいえば、うちの近所は天*教の教会はあるし、金#教の高校はあるし、最近統$教会の支部まで出来たんだよな・・・。
そのうち、オ*ムまで引っ越して来るんじゃなかろーか。 すっごい、怖い。


鍼灸師A

 書き込み日:2月11日(木)01時16分59秒

日本語の旧約聖書を読んでいると、訳わかりません。
たとえば、

創世記1-27
神は御自分にかたどって人を創造された。
神にかたどって創造された。
男と女に創造された。
43493
神は彼らを祝福して言われた。

上記をふまえて次を読んでください。

創世記2-18

主なる神は言われた。
「人が一人でいるのは良くない。彼に合う助ける者を造ろう。」

43517

ここ、長いので書きませんが、この章でアダムの肋骨からイブが創造されます。

?????
1-28では男と女を造る、1-29では彼らを祝福する、と書かれてい
るのに2-18で、一人でいるのは、2-21ではイブが造られます。

前後で文章が合わない…。

あと、聖書には神の名前がいっぱい出てきますね、IHVHだけで
なく,魔術で神名として色々唱えますしああ(複数形や女性形もあるし。)
うーん本当に一神教なんだろうか?
コリャ原文で見なきゃ分からないかな?でも僕はヘブライごの文
章は読めません。(T_T)

すみません、話しずれました。次が本題です。

僕は神の力に対する見方、分類のしかた(良い表現が見つからない)によって、一つにもたくさんにも見えるんだと思っています。

D.フォーチュンの言葉に「一つの神は多くの神であり、一つの女
神は多くの女神である。そして一つの創造主がいる。」 というのが
ありますが、僕はこれで納得しています。
大事なのは、カバラが持っている中庸の考え方ではないでしょう
か?
だから僕は一神教、多神教はあまり悩みません。
民族や地方によって表現の仕方が違ったぐらいに考えてます。

明らかに間違った事書いていましたら注意してください(^。^)
私、浅学なので難しい質問は止めてね(^_^;)

失礼しました。


鍼灸師A

 書き込み日:2月11日(木)01時21分01秒

下記の宛名を忘れてました(^_^;)
>月さんへ
です。


鍼灸師A

 書き込み日:2月11日(木)19時53分58秒

alephさま

遅れましたが、レスありがとうございました。

興味を持ったので一度「ミッドナイト・コール」という小説を探して
みます。

失礼多々


 書き込み日:2月13日(土)02時38分59秒

 こんばんは、IMNです。
新しく魔術の入門用ページを作りましたので
興味を持たれた方は見に入らしてください。

ttp://www.geocities.co.jp/HeartLand-Gaien/6636/


Blaham

 書き込み日:2月13日(土)14時40分53秒

鍼灸師Aさんへ>
創世記を例に挙げますと、少なくとも、ヤハウェ資料、エロヒム資料、祭司資料第一第二の四つで構成されていますので、細かな矛盾があるのです。


雨柳

 書き込み日:2月13日(土)21時30分50秒

 こんにちは(^-^)お久しぶりです(^-^) 。久しぶりついでにハンドル名変更致しました。
(旧)I.H.B.から(新) 雨柳(うりゅう)です。ちょくちょく遊びに寄らせて頂こうと
思って おります。宜しくお願い致します。

 萌木 薫様>

 某日某所では大変お世話になりました。いきなりやって来てごめんなさい。
びっくりしたでしょう?(笑)質問攻めの怪しい人物を優しく応対して下さって
有難うございます。某所に置いてある本はうかつに手に取ると危険なのですが、
みなぎるパワーに大興奮です。(いや、その手のやつじゃなくて会場に)
 ハマりましたのでまた行きます(笑)よろしくね(*^^*)


aleph

 書き込み日:2月13日(土)23時48分32秒

月さん
< 私としてはイスラム教の本よりも心理学の
  本の方をお勧めしますよ(笑)。
  コーランは今いち理解しにくい。
  心理学の本では特にユング系の本がお薦めです。
  最近は他にもいろいろな系統の心理学がありますが、
  魔術に興味があるなら、まずはユングからね(^^)。


タイトルとURLをコピーしました