スポンサーリンク

雑感記2020.03.31


そいえば、魔術道具3D制作ですけど、以前FUSIONで作ってた司官の杖のリングとポメル(杖の下についてる球体ね)を、最近、blenderで作り直した時のこと。

FUSION(3DCAD)だと、元々現実の部品として制作するのを念頭においているので、作った円形の物体や球体をそのまま3Dプリンタで出力しても綺麗に作られるんだけど、blender(3DCGソフト)だと、重くなるのを防止するために、標準で作った円形や球体だとポリゴンが少なく、つまり解像度が低くなるんです。なので最初、blenderで作ったリングを3Dプリントしたら表面がカクカクしてたので、予想はしてたけど、がっくりしたという事がありました(苦笑)。

んで、改めて解像度を上げて作り直したりしています。下の画像はプレモンストレータの杖の(ほぼ)一式です。

 

 


 

いいね (←良かったら「いいね」してやってください)
読み込み中...
公開日時:2020年03月31日 18時17分28秒
最終更新日時:2020年04月01日 06時06分41秒

コメント

タイトルとURLをコピーしました